最上川200キロを歩く~小学校探検リレー2018

山形新聞、山形放送は8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー」を5月12日から7月21日までの毎週土曜日、国土交通省や県教育委員会、市町村教育委員会などの協力を得て、11コースで実施します。

次代を担う子どもたちが毎年この時期、最上川流域を歩き、自然の恵みや川が育んできた文化、歴史を学ぶ事業で、16年目を迎えます。ことしは県内11の小学校が参加し、リレー方式で米沢市の源流域から酒田市の河口までの行程を歩きます。

第7週 村山橋(天童・寒河江)-隼橋(村山)

2018年6月23日 大久保小(村山)

 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第7週の23日、村山市大久保小(石川重美校長)の4~6年生47人が、天童市と寒河江市を結ぶ村山橋から村山市の隼(はやぶさ)橋までの区間を歩いた。つり橋の上から穏やかに流れる最上川を眺め、橋を守るために欠かせない点検作業に挑戦するなど、教室では受けられない授業を体感した。[速報全文]

第6週 簗瀬橋(寒河江)-村山橋(天童・寒河江)

2018年6月16日 白岩小(寒河江)

山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第6週の16日、寒河江市白岩小(吉田祐子校長)の6年生11人が、寒河江市の簗瀬橋から寒河江、天童両市を結ぶ村山橋までの区間を探検した。水門や堤防の役割を知り、河川と生活との関わりや災害への備えの大切さを学んだ。[速報全文]

第5週 新五百川橋(朝日)-簗瀬橋(寒河江)

2018年6月9日 本郷東小(大江)

山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第5週の9日、大江町本郷東小(佐竹伸一校長)の4年生18人が新五百川橋(朝日町)-簗瀬橋(寒河江市)までの区間を歩いた。母なる川を舞台にさまざまな体験に触れ、ダムの役割や環境保全の大切さを学んだ。[速報全文]

第4週 睦橋(白鷹)-新五百川橋(朝日)

2018年6月2日 荒砥小(白鷹)

山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第4週の2日、白鷹町荒砥小(斎藤芳昭校長)の4年生45人が睦橋(白鷹町)から新五百川橋(朝日町)までの区間を歩いた。青空が広がる絶好の探検日和に恵まれ、穏やかな姿を見せる「母なる川」に親しんだ。[速報全文]

第3週 白川合流点(長井)-睦橋(白鷹)

2018年5月26日 飯豊一小(飯豊)

山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第3週の26日、飯豊町の飯豊一小(菅原透校長)の4年生20人が参加した。長井市の白川合流点から白鷹町の睦橋までの区間で、長井ダムの治水・利水機能を学ぶとともに、川辺の自然に親しみ、水環境の大切さを考えた。[速報全文]

第2週 糠野目水辺の楽校(高畠)-白川合流点(長井)

2018年5月19日 大塚小(川西)

山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第2週の19日、川西町大塚小(遠藤宏子校長)の4年生19人が挑んだ。高畠町の糠野目水辺の楽校から長井市の白川合流点までの区間で、水害への備えや河川管理の大切さを学んだ。[速報全文]

第1週 最上川源流域(米沢)-糠野目水辺の楽校(高畠)

2018年5月12日 六郷小(米沢)

山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」が12日、米沢市の最上川源流域を起点に始まった。7月21日まで計11週、11校の児童がバトン代わりに「ビッグフラッグ」をつなぎ、「母なる川」が育んだ歴史や文化、豊かな自然に親しみながら酒田市の河口を目指す。[速報全文]

参加する小学校と区間

  • 第8週 [2018年6月30日] 常盤小(尾花沢) 隼橋(村山)-大蔵橋(大蔵)
  • 第9週 [2018年7月7日] 沼田小(新庄) 大蔵橋(大蔵)-立谷沢川合流点(庄内)
  • 第10週 [2018年7月14日] 立川小(庄内) 立谷沢川合流点(庄内)-庄内橋(庄内)
  • 第11週 [2018年7月21日] 遊佐小(遊佐) 庄内橋(庄内)-最上川河口(酒田)
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から