県内ニュース

心に迫る決定的瞬間 県写真展、山形美術館で開幕

2017年02月23日 20:24
多彩な場面を切り取った表現力豊かな作品が並ぶ第51回県写真展=山形市・山形美術館
多彩な場面を切り取った表現力豊かな作品が並ぶ第51回県写真展=山形市・山形美術館
 県内最大の公募写真展・第51回県写真展が23日、山形市の山形美術館で始まった。鋭い感性と独自の視点で表現した作者それぞれの決定的瞬間が心に迫ってくる。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 写真家大西みつぐさん(東京都)の公開審査(計2444点)で決まった入賞・入選作に大西さんと無鑑査認定者などの作品を加えた計518点を展示。懐かしいような切ないような遠い花火と家族の情景、母子とおばあちゃんたちの明るく幸福感に満ちたひととき、旅の心模様を表したかのような車窓の冬景色、人間と自然を対比した壮大な雪山の風景など一点一点に力がある。最高賞の県知事賞は祭りの人物を屋内で写した須藤佐重(さじゅう)さん(74)=山形市深町3丁目=の「出番前」。この作品について大西さんは「審査の最後まで第一印象の良さが変わらなかった。晴れの舞台に向かう人を自然の光が照らし、静かで淡々としているが美しく情感がある」と評価した。入賞・入選作について阿部直美県写真連盟会長は「ピントがきっちり合っているなど撮影技術に甘さがない作品が厳選された。日常の何げない場面でありながら深みのある作品が多い。出品者の熱意が伝わり全体的にレベルが高い」と話した。

 県写真連盟と山形新聞、山形放送、山形美術館が主催、県と県生涯学習文化財団が共催。本紙3月3日付で入賞12作品を紹介する予定。会期は3月20日まで、午前10時~午後5時(月曜休館、最終日は開館)。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、26日配信

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から