県内ニュース

小物や菓子-白鷹の「紅」から銘品開発 21日に発表会

2018年02月14日 13:24
6日に開かれた商品開発委員会の会合。メンバーがそれぞれの新商品を紹介し合った=白鷹町文化交流センターあゆーむ
6日に開かれた商品開発委員会の会合。メンバーがそれぞれの新商品を紹介し合った=白鷹町文化交流センターあゆーむ
 特産の紅花にちなみ「日本の紅(あか)をつくる町」を掲げて地域活性化を図っている白鷹町で、「紅(あか)」をキーワードとした商品開発が盛んだ。今月21日には町商工会主催の商品発表会が予定されており、開発を手掛けた町内事業所などが準備を進めている。

 同町では、米沢牛や馬肉、ミニトマトなど白鷹産で赤いものを「SHIRATAKARED(シラタカレッド)」の名でくくり、広くPRする取り組みを進めている。町商工会は2016年に有志による商品開発委員会を立ち上げ、紅花に関する勉強会や商品に関する意見交換を行うなどし、開発を進めてきた。

 今回発表されるのは、紅花で染めた糸を使った織物を開口部にあしらった「本革紅織名刺入れ」、トマト入りのカステラ、紅花を使ったようかん、紅花をすき込んだ和紙で作ったランチョンマットや皿―など。菓子店や織物工房、料亭など9事業所が、それぞれ開発を手掛けた。

 今月6日には同町文化交流センターあゆーむで会合を開き、発表会に向けた打ち合わせを実施。当日の流れを確認したほか、一人一人が当日の商品紹介のリハーサルも行った。

 町商工会総務振興課主任の石川洋平さん(39)は「発表会を皮切りに、全国、そしてゆくゆくは世界へと“白鷹の紅(あか)”を発信していきたい」と意気込んでいる。

 商品発表会は21日午後1時から、展示販売は2時から、あゆーむで開かれる。その場での購入、予約もできる。問い合わせは町商工会0238(85)0055。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から