県内ニュース

光り輝くルビーを見て見て! 東根で加温サクランボが収穫期

2018年03月08日 21:30
赤く色付き、収穫期を迎えた「佐藤錦」=東根市神町南1丁目
赤く色付き、収穫期を迎えた「佐藤錦」=東根市神町南1丁目
 サクランボの生産量日本一を誇る東根市で、加温ハウス栽培のサクランボが収穫期を迎えた。ハウス内を華やかに彩る赤く色づいた実が初夏の雰囲気を漂わせている。

 同市神町南1丁目、農業須藤一元さん(52)方では2月中旬からわせ種「紅さやか」を皮切りに、収穫・出荷作業が始まった。「大雪や低温で管理が大変だったが、最近は温暖な日が多くなったことで着色が進んだ」と須藤さん。主力品種「佐藤錦」は例年より1週間ほど早く収穫期を迎えたといい、色づきが進んだ実を選んで首都圏に出荷している。

 ハウス内は現在、日中の温度を22度前後、夜間を8度前後に維持している。今後は農水省の地理的表示(GI)保護制度に登録された「東根さくらんぼ」としても出荷する予定で、須藤さんは「張りが良く糖度も十分。多くの人に味わってほしい」と話している。

 ハウス物の収穫・出荷は露地物にバトンタッチする6月上旬ごろまで続く。JAさくらんぼひがしねによると、加温ハウスで栽培されたサクランボの昨季の売り上げ実績は約5億1千万円で、今季は5億3千万円を目標にしている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から