県内ニュース

亡き師匠に背を押され…古里に料理店 出身地・最上で協力隊活動の松田さん、決意の渡仏

2018年06月23日 15:55
亡き師匠の言葉に背中を押され、フランスに渡る松田清也さん=最上町・旧満沢小
亡き師匠の言葉に背中を押され、フランスに渡る松田清也さん=最上町・旧満沢小
 最上町地域おこし協力隊を今月末で退任する松田清也さん(30)=同町出身=が、地元でのフランス料理店開業を目指し、24日に渡仏する。古里の食文化発信などに取り組んできたが、一緒に出店を夢見ながら、1月に亡くなった料理の師匠の「本場の空気に触れてこい」との言葉に背中を押され、フランスでの修業を決断。師弟で描いた「夢の店」への一歩を踏み出す。

 松田さんは、関東で管理栄養士として働くうちに「その土地でとれたものを食べれば健康でいられる」と考えるようになり、昔ながらの食文化が残る最上町に2015年Uターンした。協力隊員として、旧満沢小校舎を活用したレストラン「たらふく工房満沢」の開店に協力したほか、イベント会場などで菓子とコーヒーを提供し、郷土料理普及にも取り組んできた。

 そんな中、16年12月に訪れた宮城県涌谷町のフランス料理店で庄子正弘シェフと出会った。「味や盛り付け、すべてに衝撃を受けた」。野菜は無農薬の契約栽培で化学調味料は使わない。これまで追い求めてきた“食べる人のことを考えた料理”そのものだった。

 「とにかく庄子さんの味を作りたかった」。弟子入りを申し出ると庄子さんは「いいですよ」とひと言。それからは月3回ほど店に通って腕を磨いた。食への考え方が同じだった2人。庄子さんが松田さんの活動を手伝う機会もあった。協力隊の任期終了が近づき、「一緒に店をやろう」と店舗探しも始めていた。

 その矢先、庄子さんが体調を崩し今年1月1日に入院した。検査の結果、末期の胃がんだった。症状はあっという間に進み、同月25日、67歳で亡くなった。

 突然の別れにぼうぜんとなったが、庄子さんが病床で声を絞り出した「フランスに行ってこい」という言葉が胸に刺さっていた。「神様からの喝なのかもしれない。運命なんだ」と、2月に渡仏を決意し、出国の準備を進めてきた。

 フランスでは、最上町協力隊の仲間で3月に結婚した妻唯さん(25)と修業先を探し、5年ほど滞在する計画だ。古里で開店を目指す自分の店は「ジビエ(野生鳥獣肉)」「川魚」をテーマに、最上の食文化を表現したいと思っている。

 「庄子さんなくして今の自分はない」と松田さん。郷土食の魅力を教えてくれた町の人に恩返ししたい気持ちも強い。「地元に喜んでもらえる店にしたい。多くの技術を吸収して戻ってきます」と決意を語った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から