県内ニュース

走行中の録画映像で高齢者に個別指導 県警、ドライブレコーダー貸し出し

2018年07月12日 13:45
ドライブレコーダーで録画した走行中の映像をチェックし、警察官からアドバイスを受ける林守男さん(右)=米沢署
ドライブレコーダーで録画した走行中の映像をチェックし、警察官からアドバイスを受ける林守男さん(右)=米沢署
 県警は高齢者に「ドライブレコーダー」を約2週間貸し出し、記録した走行中の映像を基に警察官が個別指導する取り組みを進めている。本人と一緒に映像を見ながらブレーキ、ハンドル操作などの改善点についてアドバイスする。手間を掛けたマンツーマン指導により、高齢者ドライバーの事故防止を目指している。

 運転操作ミスなどによる高齢者の事故が全国的に相次ぎ、対策が急がれている。県警は昨年3月から、事故を複数回起こした70歳以上のドライバー宅を警察官が訪問し、家族同席の上で個別指導を行ってきた。今年5月末までの対象者は277人に上る。

 指導を受け、運転に不安を感じて免許を返納するケースもあるが、どうしても車を手放せない人もいる。そこで県警は昨年9月から指導対象者や希望者らに向け、山形、鶴岡、米沢の3署でドライブレコーダーの無料貸し出しを始めた。今年5月末までに15人が利用している。

 米沢市春日1丁目、無職林守男さん(83)は自ら希望し、6月に貸し出しを受けた。買い物や病院への移動手段として、免許の有効期限がある2年後までは運転を続けたいという。「若い頃よりも運転中の視野が狭くなり、とっさの反応が鈍くなった」と話す。

 林さんはドライブレコーダーを設置し、2週間後に米沢署で署員と一緒に映像をチェックした。録画された車前方の映像を見た署員は「右や左に寄るふらつきの癖はないですね」と評価しつつも、ある林さんのくせを指摘した。

 交差点や店舗駐車場などで一時停止する際、本来止まるべき位置を越えてしまうため、左右からの人や車両とぶつかる危険があるという。署員は「停止線で確実に止まり、そこから少しずつ進んで左右を確認して」とアドバイス。林さんは「自分の癖に気付けて良かった」と感謝した。

 県警は、県警察官友の会から寄贈を受け、今夏中にも全署にドライブレコーダーを配備する。県警交通企画課は「車を必要とする高齢ドライバーはこうした制度を活用し、自分の運転技術を見直してほしい」としている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から