県内ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加 チェック

連携企業新たに23社、受け皿拡大 県の奨学金返還支援事業

2018年10月12日 09:03
PR
 奨学金貸与学生の返還を支援する県の若者定着奨学金返還支援事業に関し、県と卒業後の就職先企業が返還額の一部を負担する「産業団体等連携枠」の対象企業に、県中小企業家同友会の会員23社が加わった。17年度に比べ対象企業は倍増し、受け皿が拡大。学生は就職先の選択肢が増え、使い勝手が向上した。

 産業団体等連携枠は大学などの在学者が対象。助成額は学生の返還総額か、貸与月数に2万6千円を掛けた額のいずれか低い方になる。学生が卒業後、県内に住み、対象企業に就職して3年経過すれば、県と企業が半額ずつ負担し、貸与元機関に一括で繰り上げ返還する。4年制大学を卒業した場合、最大124万8千円の助成を受けられる。

 これまで建設、測量・設計、製造、IT、観光、商業・サービス、農林水産、医療・福祉の各分野で対象者を募集。初年度の2016年度は9人の募集に9人が応募。17年度は24人程度を募集したものの、思うように応募は増えなかった。

 18年度募集分からは新たに23社が名を連ね、募集定員は23人分増える。出版、物流、卸・小売、飲食、畜産、ビルメンテナンスなどの業種が加わり、選択の幅が広がった。同会共同求人委員長の佐藤啓サニックス社長は「中小企業は採用に苦労することが多く、就職の選択肢に加えてもらえる利点がある」と話す。

 18年度の募集は19年1~3月頃の予定で定員は最大50人。枠はこの他、市町村と連携する「地方創生枠」「市町村連携枠」があり、こちらは卒業後の居住市町村に制限がある。問い合わせは県産業政策課023(630)2691。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から