県内ニュース

風疹検査もう受けた? 山形市、無料クーポン券送付へ

2019年05月24日 11:35
山形市から対象男性に送付される風疹抗体検査と予防接種のクーポン券
 山形市は24日から、風疹抗体保有率の低い現在39~56歳の男性に対する、抗体検査と予防接種のクーポン券の送付を始める。国の緊急対策として全国自治体が行っている事業で、対象者はクーポン券を使うことで、医療機関等において抗体検査と予防接種を原則無料で受けることができる。

 風疹はウイルス感染で発症し高熱や発疹を伴い、免疫が不十分な妊娠初期の女性が感染すると、白内障や先天性心疾患などの症状が出る「先天性風疹症候群」の子どもが生まれる可能性がある。

 クーポン券送付対象となる1962(昭和37)年度から78年度生まれの男性は、一度も風疹ワクチンを定期接種する機会がなかった。国は他の年代に比べて抗体保有率の低いこの年代の男性を対象に、2021年度までの3年間で接種を呼び掛けていく。

 山形市の対象者は約2万7800人で、本年度はこのうち、72年度から78年度生まれの1万2千人に券を送付する。受け取った人は市内の協力医療機関で抗体検査を受け、結果に応じて後日、予防接種を受ける。抗体検査は職場の定期健診時に行うこともできる。券を使うと通常費用が5千円台~7千円台の抗体検査、1万円前後の予防接種が原則無料で受けられる。

 市は全対象者のうち、本年度に券が届かなかった人についても希望があれば券を送付する。券送付後、1年ほどして未接種が確認された場合は改めて接種の呼び掛けを行う。

 市健康増進課の担当者は「社会的な流行を抑えるための予防接種であり、自身の健康を保つことにもつながるので理解をいただきたい。まずは抗体検査を受けてほしい」と話している。問い合わせは同課感染症予防係023(616)7274。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から