国内外ニュース

「みんなに愛される人」 ジミー大西役の中尾明慶

2018年07月12日 19:12
息ぴったり?でポーズをとる中尾明慶(上)と、ジミー大西=東京都内
息ぴったり?でポーズをとる中尾明慶(上)と、ジミー大西=東京都内
 お笑い芸人・ジミー大西の半生を描いた動画配信大手ネットフリックスのオリジナルドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」で、大西役を演じた中尾明慶が“ご本人”と対面。「いいかげんなのに、なぜかみんなに愛される」と、大西の人となりを語った。

 失敗ばかりの駆け出し芸人・大西の才能を見いだし、テレビの世界へと導いた“恩師”明石家さんまがプロデュースした「ほぼ実話」の物語だ。

 主演の中尾は「舞台で共演したとき、中尾君が一瞬ジミーに見えた」というさんま直々の“ご指名”だったという。大西自身もその舞台を見て「俺みたいなやつがおる、と思った」と振り返る。

 まさに“お墨付き”を得ていた中尾だが、役作りには独特の難しさがあったという。「やり過ぎると物まねになる。バランスに注意しました」

 台本に書かれた大西の言動が理解できず苦しんだことも。「『車のワイパーを見ているうちに寝てしまう』とか…なんでそうなるか分からない。だから面白いんでしょうけどね」と苦笑する。

 当時の心境を本人に尋ねようにも、大西は一度も現場に現れず。「さんまさんは何度も来てくれたのに」と苦言を呈する中尾に、大西は「昔からシリアスな場面ほど笑ってしまう性格。撮影の邪魔になると思って…」と、自分なりの気遣いをアピールした。

 ドラマは全9話。20日から全世界、一挙配信。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から