上白石萌音、アニメ映画をPR 「底抜けにハッピーで明るい」

9/23 16:50

 カラフルな妖精たちが活躍するアニメ映画「トロールズ ミュージック★パワー」(10月2日公開)の完成披露イベントが東京都内で開かれ、日本語吹き替え版の声を担当した俳優の上白石萌音、ウエンツ瑛士、仲里依紗が登場した。

 主人公の女王ポピーを演じた上白石は「底抜けにハッピーで明るくて、思わず踊っちゃうような映画が完成しました」とアピールした。

 ポップ村にすむポピーたちは、歌と踊りとハグが好きだ。王国を支配しようとたくらむバーブに盗まれた音楽を取り戻すためにポピーたちが冒険の旅に出る。ウエンツがポピーに思いを寄せる親友ブランチ、仲がバーブを演じた。

 前作も見た上白石は「トロールがかわいくて、一瞬で大好きになった」と顔をほころばせ、今回のオファーを受けた時を「音楽がたくさんある映画。このアニメで歌えるんだと思い、ワクワクした」と振り返った。

 オリジナル版でポピーを演じた俳優アナ・ケンドリックは憧れの人。「まさか吹き替えをできるとは。楽しみ半分、不安半分だった」と話した。

 ウエンツは、オリジナル版でブランチ役を務めたのが、人気歌手ジャスティン・ティンバーレイクだったことについて「プレッシャーがあった」と吐露。一方で「かわいいキャラクターの世界に溶け込めるようにという気持ちで演じた」。仲は「(トロールたちの)カラフルな世界観が好き。私は、私服も派手な物が多いので、そういう世界の中で演じるのが楽しみだった」と語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]