多様なサービス一体提供、JR西 スマホのアプリを配信

9/24 19:13
 記者会見するJR西日本の長谷川一明社長=24日午後、大阪市

 JR西日本は24日、新幹線や特急列車、ホテルの予約から決済までを一体的に提供するスマートフォンアプリの配信を始めたと発表した。情報通信技術を活用した「MaaS(マース)」と呼ばれる次世代交通サービスの一環で、経路検索だけでなくJR西の主要駅の混雑状況なども確認できる。利便性を高めることで新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ利用者の回復につなげる。

 アプリ名は「WESTER(ウェスター)」で、従来のインターネット予約の「EXサービス」や「e5489」と連携することで移動経路の検索や予約ができるようにした。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見するJR西日本の長谷川一明社長=24日午後、大阪市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]