国内外ニュース

聴覚障害者の会話支援へ模索 マスクの弊害、技術で解決

2020年09月28日 06:03
「しゃべり描きアプリBiz」の利用例
「しゃべり描きアプリBiz」の利用例

透明なマスクを着用する女性(インフォメーションギャップバスター提供)
透明なマスクを着用する女性(インフォメーションギャップバスター提供)
 新型コロナウイルス感染症対策でマスクの着用が浸透し、口の動きや表情で会話内容を読み取る聴覚障害者には意思疎通の弊害となっている。三菱電機やNPO法人「インフォメーションギャップバスター」(横浜市)はITやアイデアで解決しようと、それぞれ模索を続けている。

 三菱電機と兼松コミュニケーションズ(東京)は、タブレット端末で音声認識して文字に変換、指でなぞって表示するアプリ「しゃべり描きアプリBiz」の無償提供を始めた。

 インフォメーションギャップバスターは、透明な材料を使ったマスクの手軽な作り方を公開。口元が透けるため、聴覚障害者が会話を読み取りやすくなる。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から