大阪都構想、賛成・反対が拮抗 9月調査は賛成10ポイント優位

10/25 17:10
 大阪都構想の賛否

 大阪市を廃止し、4特別区を新設する「大阪都構想」の住民投票を11月1日に控え、共同通信社は23〜25日、市の有権者対象の電話世論調査を実施した。都構想への賛成は43・3%、反対が43・6%で拮抗した。9月上旬の前回調査では賛成が10ポイント近く上回っていた。

 都構想に関する大阪府と市の説明に関し、24・5%が「十分だ」、70・0%が「十分ではない」と答え、両方とも前回調査とほぼ変わらなかった。9月下旬から10月上旬にかけて市主催の説明会が開催されたが、理解が深まらなかった実態が浮き彫りになった。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 大阪都構想の賛否
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]