内閣府に「男女間暴力対策課」 10月1日新設、DV対策強化

9/29 19:17

 政府は29日の閣議で、ドメスティックバイオレンス(DV)や性暴力への対策を強化するため、内閣府に「男女間暴力対策課」を新設すると決めた。家庭内での暴力が深刻な社会問題化していることを踏まえた措置。内閣府に設置されている「暴力対策推進室」を10月1日に格上げする。

 加藤勝信官房長官は記者会見で「DVや性暴力は性別を問わず人権を著しく踏みにじる決して許されない行為だ。政府全体として取り組みを一層強化していきたい」と述べた。

 内閣府によると、男女間暴力対策課は、被害者を保護する民間シェルターへの支援や啓発活動などの拡充、コロナの影響によるDVへの対策を進める。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]