国内外ニュース

AIで放射性物質の拡散予測 過去の天気パターン学習

2018年07月06日 17:26
PR
 東京大生産技術研究所は6日、原発事故で大気中に放出された放射性物質の拡散方向を、低気圧や季節風など過去の天気のパターンを基に人工知能(AI)を使って予測する手法を開発したと発表した。

 2011年3月の東電福島第1原発事故では、拡散方向を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムSPEEDIが住民避難に活用されなかった。拡散方向を予測できると、住民の避難経路の策定や甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤を服用する判断などに役立つという。

 チームは、第1原発周辺の気象データを利用。気象庁が3時間おきに公表している天気のパターンを過去4年間分AIに学ばせた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から