「同時流行備え、国は対応を」 コロナで医療者らシンポ

9/26 18:31
 新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療関係者らが開いたシンポジウム。右は全国医師ユニオンの植山直人代表=26日午後、東京都内

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療関係者らが26日、東京都内でシンポジウムを開きオンラインで配信した。「現場スタッフは、仕事の量やストレスが増え、家族が差別されるかもしれない状況で働いている」と過酷な労働実態を報告。今後懸念されるインフルエンザとの同時流行に備え、感染防護策の拡充や人員増などへの対応を国に求める声が相次いだ。

 勤務医の労働組合「全国医師ユニオン」の植山直人代表は、同時流行が起きた場合は「コロナに感染している前提で診なければならない」として、医療機関の負担増を指摘。医療関係者への定期的なPCR検査や、医療機関への経営支援が必要だとした。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療関係者らが開いたシンポジウム。右は全国医師ユニオンの植山直人代表=26日午後、東京都内
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]