三重大病院、複数の医師が退職届 不正請求問題、手術に影響の恐れ

9/27 15:48
 三重大医学部付属病院=11日、津市

 三重大医学部付属病院(津市)の准教授がカルテを改ざんし診療報酬を不正請求した問題を受け、准教授が所属する臨床麻酔部の複数の麻酔科医が退職届を提出したことが27日、病院関係者への取材で分かった。病院は手術の件数を減らす方向で検討を始めた。病院幹部は「救急外来の受け入れに支障が出る」などとしており、不祥事による影響が患者や地域医療に及ぶ可能性が出ている。

 病院関係者によると、9月上旬以降、少なくとも5人が退職届を提出。「一身上の都合」などと説明しているという。このまま全員が退職すれば、自宅謹慎中の准教授と教授を含め、臨床麻酔部の約4割が欠けることになる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 三重大医学部付属病院=11日、津市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]