山形県釣り情報

【庄内】

 ▽▼海=酒田港内ではサビキ釣りで小アジが狙えるが、悪天候や水の濁りのため釣果は少ない。酒田港の南防波堤付近にはサワラが回遊している。鶴岡沿岸は岸からのショアジギングでサワラ、イナダが狙える。いずれも数は少ないが、サワラは70センチ級の釣果もある。
 ▽▼船=酒田沖では、10キロ前後のブリが1船当たり10匹程度釣れている。アジは夜が狙い目で、多い人で50匹ほど。飛島沖は4キロ前後のタラが狙える。鶴岡沖では、出航できれば60~70センチのワラサ、ブリも期待できる。

【最上】

 ▽▼ヘラブナ=新庄市の最上公園で20~30センチが10~20匹ほど釣れる。餌は両だんごかセット釣りで。気温が上がれば釣果が期待できる。

【内陸】

 ▽▼ヘラブナ=天童市の寺津沼、東根市のえびづる沼はシーズン終了。山辺町の荒沼、上山市の前川ダムなどではまずまずの釣果があったが、厳しい冷え込みで釣り人も少なくなった。
 ▽▼コイ=寒河江市の最上川はシーズン終了。
2020年12月4日掲載

 山形新聞のモバイルサイト「モバイルやましん」「モバイルやましんスマート」では東北各県の釣果情報を提供しています。詳しくはこちら

[PR]
[PR]