新型コロナ、新たに2人感染 天童の40代男性の同居家族

2020/10/23 07:49

[PR]
 県は22日、天童市の70代女性と男子高校生が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は21日に感染が公表された40代男性の同居家族で、家庭内感染の可能性が高いとしている。同市の旅館「滝の湯」は22日、この男性と女性が同社役員とホームページで明らかにした。県内の感染確認は累計84人となった。

 県によると、男性の濃厚接触者は家族と知人計7人で、県外在住者1人を除く6人のPCR検査を行い、女性と高校生の感染が判明した。女性は21日に37度台の発熱やのどの痛み、高校生は22日に37度台の発熱や頭痛の症状が現れ、22日に県関係機関以外の同じ感染症外来で検査を受けた。いずれも村山地域の感染症指定医療機関に入院し、症状は軽いという。

 女性の勤務状況は調査中だが、県は滝の湯の従業員や外部と濃厚接触した可能性は低いとしている。高校生は20日まで通常通り学校に通い、21日から休んでいる。県は学校が不特定多数が利用する施設ではなく、校外に感染が広がる恐れがないとして、学校名や所在地は非公表とした。校内に濃厚接触者がいないか確認中で、現時点で体調不良を訴える人はいないという。

 男性は発症前の14日に県外で開かれた仕事関係の会合に出席。飲食を伴う懇親会にも参加し、現地で1泊して翌15日に帰宅した。

 県によると、県関係機関で21~22日に1件のPCR検査を行い、陰性だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]