ジェットスター庄内-成田便あすから運休 観光、仕事…再開望む声多く

2020/10/24 11:51
24日の往復便の運航後、約5カ月の運休期間に入るジェットスター・ジャパンの機体=庄内空港

 新型コロナウイルス感染拡大による需要減を受け、格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは25日から庄内―成田便を運休する。期間は来年3月下旬までの約5カ月としているが、来春以降については未定だ。平日最後となった23日は、観光や出張で利用した人たちから再開を望む声が聞かれた。

 同日午後の到着便で那覇市から訪れた赤崎隆三郎さん(68)は「初めての庄内で、時間があれば西郷隆盛とゆかりがある南洲神社なども訪れたい。これが最後にならないよう頑張ってほしい」と話した。酒田市から家族の用事で東京方面に行くという女性(61)は「料金面でも使いやすかったので続けてほしい。帰りは別の航空会社で戻ってくるしかない」と語った。

 ジェットスター・ジャパンの庄内―成田便は県内初のLCC路線として、昨年8月に就航。原則1日1往復だったが、感染拡大を受け今年4月8日からいったん運休し、7月23日に再開した。ただ、その後は需要減を受け、週3往復などに減便。8月に今月25日からの運休を決めた。

 同社はその後、パイロットや客室乗務員から希望退職者を募ったり、庄内―成田便以外の国内線の運休を決めたりするなど、コロナ禍による航空需要の落ち込みを受け各種対応を余儀なくされている。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]