高畠のブドウ畑、クマの食害 被害農家が語る

2020/10/27 22:37
シャインマスカットを食い荒らすクマ=26日午後4時半ごろ、高畠町竹森(田制裕基さん提供)

 高畠町竹森の畑で、クマがシャインマスカットを食べるのを目撃した農業田制裕基さん(33)が一夜明けた27日、山形新聞の取材に応じ、動画を撮影していたと明かした。当時の状況を振り返り「まさか自分のブドウ畑に出没するとは…」と驚きと恐怖を口にした。

 田制さんは自宅裏にある園地の巡回中、収穫間近のシャインマスカット畑でブドウ棚の果実をむさぼるクマを発見。最初は黒くて太い木だと思ったという。「クマだと分かって心臓がばくばくした」が、勇気を持って畑を囲むネットの下からから手を差し入れ、その様子を携帯電話で撮影した。クマがブドウ棚に前足を掛け、口を使い房ごともぎ取り食べる約1分間の動画になった。

 クマはその後、田制さんと目が合うと園地東側のやぶへ入っていった。3日前と26日の通報後にも同じ場所で食害があり、被害は計約60房(約10万円)に上るという。クマに味を覚えられたと感じた田制さんは、残りのブドウを早めに収穫してしまうつもりといい、「ここは山から離れているのに。例年以上の出来栄えだったのでショックが大きい」と肩を落とした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]