オリ6位指名の阿部「1年目から即戦力」 酒田南高出に一問一答

2020/10/29 09:00

[PR]
 プロ野球ドラフト会議でオリックスから6位で指名された日本生命の阿部翔太(酒田南高出)が28日、山形新聞の取材に応じ、「1年目から即戦力になる」と意気込みを語った。以下は阿部の一問一答。

 ―社会人6年目、28歳になる年での指名だった。

 「大変光栄だ。本来なら懸念される年齢だが、社会人で6年間やってきたことが認められてうれしい。(入団後は)1年目から即戦力になる目標がある」

 ―20代半ばから活躍が目立ってきた。

 「高校時代の当初は捕手で、社会人でも野球をできるとは思っていなかった。社会人1、2年目はけがで何もできなかったが、徐々に活躍できるようになり、(日本代表入りした)5年目でがらっと結果が変わった。経験を積むことで自信が出てきた」

 ―最速151キロの本格派で強みは。

 「特別に球がいいというわけではないが、ピンチで強気にいける性格。ピンチの時にギアが上がる」

 ―高校の2学年下の下妻貴寛(楽天)との対決も考えられる。

 「仲のいい後輩で、(指名後に)連絡をもらった。互いに1軍の舞台で対決できるように頑張ろうと言っている。全力で力を出し切る勝負がしたい」

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]