時間外手当未払いで山形大に是正勧告 米沢労基署

2020/10/31 09:08

[PR]
 山形大米沢キャンパス(米沢市)に勤務する職員に時間外勤務分の手当を支払っていなかったとして、米沢労働基準監督署が同大に対し、労働基準法に基づく是正勧告をしていたことが30日、同大への取材で分かった。昨年8月以降分を指摘されたという。

 関係者によると、職員は工学部内で研究職に従事しているという。労基署から指摘された未払い分のケースとして同大は、出勤簿では時間外勤務が「ない」となっているものの、実際は「定時退社したようにしてほしいと上司と職員がやりとりした内容などがあった」としている。

 同大は労基署から職員の勤務や給与に関する資料を求められ、昨年8月1日から今年9月30日までの分を提出したという。山形新聞の取材に「内部調査を進めている。どの部分が未払いに当たるかを含め、丁寧に確認し、適正に対処したい」とコメントした。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]